京都スイーツ探訪(公式ブログ)

京都で人気のおすすめスイーツ(和菓子含む)を連日ご紹介中!

粟餅所澤屋の粟餅は北野天満宮門前名物として親しまれているプチプチ食感の素朴な和菓子

 

スポンサーリンク

2月3日、節分。京都市上京区にある北野天満宮では毎年節分祭が行われています。その北野天満宮の門前名物といえば、『粟餅所澤屋』の粟餅です。節分祭を見学する前にお店に寄ることにしました。人通りの多い通りに面してある粟餅所澤屋はいかにも和菓子屋さんらしい趣のある店構えで、北野天満宮の大鳥居のすぐ近くにあります。

20160203-01

粟餅は持ち帰り(お土産)もできますが、店内でイートインすることもできます。出来立てを食べたかったのでイートインすることにしました。店内は昔ながらの甘味処という雰囲気です。北野天満宮で節分祭があるためか、お客さんの出入りが絶えずありました。粟餅は3個か5個かを選べますが、今回は5個を注文し楽しみに待つことに。

20160203-02

粟餅は店員さんの手によって手際よく作られます。店員さんの息の合った、流れるように粟餅が作られていく様子はとても目を引きます。作り置きなどはぜず、注文の度に作るのだそうです。目の前で作られ、出来立てそのものを頂くことができるのは何とも贅沢・・・。持ち帰るお客さんには店員さんは必ず『その日のうちに食べてください』と声をかけます。出来立てが命の和菓子ですので、地方発送などもありません。

20160203-03

粟餅が運ばれてきました。こしあんで包んだものときな粉をまぶしたものの2種類。こしあんときな粉それぞれ違った味わいを一皿で楽しめます。澤屋は江戸時代の創業以来、ずっと粟餅一筋!代々受け継がれている伝統の味は人々を魅了し続けています。

20160203-04

出来立てとあってお餅はとても柔らか!粟特有のプチプチした食感や甘さが控えめな素朴な味わいが魅力です。北野天満宮の門前名物としてお参りに来る人々に長年愛されてきた粟餅は出来立てをイートインするのがおすすめです。

20160203-05

粟餅所澤屋を出て、北野天満宮へ向かうことにしました。北野天満宮の大鳥居には節分祭の大きな旗が立ち、大勢の人が出入りしていました。上七軒歌舞会の舞妓さん芸妓さんによる福豆撒きの時間まで境内を散策することに。

20160203-06

北野天満宮は学問の神様である菅原道真公が祀られていて、修学旅行生や受験生に特に人気があります。受験のシーズンとあって、本殿前には受験生らしき学生さんの姿が多く見受けられました。

20160203-07

北野天満宮は梅の名所としても知られています。境内にある梅は開花が始まっていて、梅の花に顔を近づけると上品な香りがしました。境内には梅苑があり、今年は1月23日から公開されました。2月25日には『梅花祭』が開催され、上七軒の芸舞妓さん達の奉仕による茶会『梅花祭野点大茶湯』などが行われます。

20160203-08

『鬼は外、福は内』の掛け声と共に、舞妓さんや芸妓さん達による福豆撒きが始まりました!神楽殿の周りは大勢の人で埋め尽くされていて、皆一様に手を伸ばし、福豆を手に入れようと必死です。舞妓さんや芸妓さんの撒く姿はとても品がありました。

20160203-09

15分ほどの福豆撒きの間に福豆を2袋手に入れることができました!頂いた福は大切に持ち帰ることに。たくさん福豆が撒かれましたので、神楽殿に集まった人の多くに行き渡ったようでした。

20160203-10

京都の寺社仏閣ではそれぞれお祭りや神事などが一年を通して行われています。北野天満宮では毎月25日に『天神さん』と親しまれる縁日が開催されています。それらの行事に合わせてお参りをするのも良いでしょう。お参りの際には門前名物や周辺のスイーツのお店のチェックもお忘れなく!甘い物でほっこりとリラックスのひと時を楽しんでください。

【粟餅所澤屋】
住所:京都市上京区北野天満宮前西入紙屋川町838-7
電話:075-461-4517
時間:9:00~17:00
休み:木曜日、毎月26日
交通:京福電鉄北野白梅町徒歩5分

 - 和菓子

スポンサーリンク

  関連記事

清水寺近くにある甘味処(和カフェ)の二寧坂畔かさぎ屋で小豆の香りゆたかな三色おはぎ(三色萩乃餅)に舌鼓

東山にある清水寺や地主神社へと続く二寧坂(二年坂)は京都らしい和雑貨のお店や飲食 …

今宮神社(玉の輿神社)の門前名物あぶり餅を創業千年以上の歴史がある一和(一文字屋和助)で堪能

京都市北区紫野にある今宮神社(玉の輿神社)の門前名物といえばあぶり餅です。門前に …

東本願寺御用達の京都駅前にある松屋製菓のおはぎはボリューム満点で食べ応え十分

創業昭和20年、大きなおはぎを作っていることで有名な『松屋製菓』は京都駅前(烏丸 …

やわたのはちまんさんと親しまれる石清水八幡宮の門前名物といえば東海道五十三次にも描かれている走井餅

八幡市にある石清水八幡宮の門前に店を構える『やわた走井餅老舗』に足を運びました。 …

京阪宇治駅前にある老舗和菓子店駿河屋の名物茶だんごは宇治抹茶を練り込んだ人気抹茶スイーツ

宇治観光の玄関口、京阪宇治駅すぐ近くにある『駿河屋』(するがや)は昭和初期創業の …

下鴨神社近くにある甘味処(和カフェ)加茂みたらし茶屋のみたらし団子は参拝客に人気の門前名物和菓子

京都市左京区にある『加茂みたらし茶屋』は下鴨神社のすぐ西隣にある甘味処(和カフェ …

下鴨神社境内にあるさるや(宝泉堂)の名物申餅は約140年ぶりに復元された葵祭りゆかりの無病息災を願う門前菓子

下鴨神社境内の中にあるおやすみ処『さるや』で提供されている名物『申餅』(さるもち …

四条堀川にある亀屋良長の銘菓鳥羽玉(うばたま)は京都土産に最適な日持ちがする黒糖味の和菓子

四条通りと堀川通りが交差する四条堀川交差点近くには創業享和3年(1803年)、京 …

今宮神社の東門前にあるかざりやはあぶり餅でおなじみの江戸時代初期から続く老舗甘味処

別名、玉の輿神社とも呼ばれる今宮神社(京都市北区紫野)。その今宮神社の門前名物と …

宇治の平等院表参道にある能登椽稲房安兼の名物茶団子はお茶の風味豊かなモチモチ食感のまろやかな和菓子

新茶の季節になるとお茶を使ったスイーツを目当てに宇治へと足を運びたくなります。そ …